読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

suupy’s blog

映画やゲームなどを紹介したり感想を言ったりしていきたいと思ってます!ゲーム日記みたいなのもやろうと思ってるので興味のある方はぜひとも読んでいってくださいね!

ついに実写化!あの豆が帰ってくる!「鋼の錬金術師」

どうも!こんにちは!

スーピィです!

 

実は本題入る前に一つ

この前の記事で言葉について書いたのですが

 

suupy.hatenablog.com

 

そのネタがもう一つあります

 

イタリア語でおっぱいをseno(セーノ)というらしいんです。

ですので日本人が重い物を運ぶときは

イタリア人にとってすごく面白いらしいですよ笑

 

 

ではでは、本題です。

来年の冬

あの名作が実写化します。

月刊ガンガンで連載されていた

大人気ファンタジー大作!

鋼の錬金術師」です!

 

主演がHeySayJUMPの山田涼介です。

他にも本田翼やディーン・フジオカなどが出演します。

 

鋼の錬金術師ことハガレン

主役がエドワード・エルリックアルフォンス・エルリックの兄弟の運命を描いた作品となっています。

 

兄のエドは気性が荒くすぐ暴力を振るいずる賢い性格ですが弟想いで責任感が強い性格でもあります。

山田涼介がこのエドをどう表現するのかが気になりますね。

 

弟のアルは温厚で心優しい性格ですが、怒らせるとエドさえビビってしまう迫力があります。

これはCGになるんですかね?

 

これは自分個人の意見なのですが

日本はよくアニメの実写化をやってきてますが

自分には不評な感想などをよくまわりから聞きます。

進撃の巨人黒執事など数多くの作品を出してきていますが、

人気があったりなかったり

るろうに剣心は人気出ましたよね!

 

なぜるろ剣暗殺教室は人気でたのに黒執事や進撃はイマイチになってしまったのか

 

個人的に考えてみました。

 

あくまで自分一人の意見なのですが

漫画やアニメを実写化するのはそもそも難しいことだと想います。

それは何故かと言うと

 

アニメや漫画はもうすでに絵が描かれててイメージが出来上がっているからだと思います。

すでに出来上がっているイメージを実写化するのは難しいとおもいます。

ましてや日本のマンガはかなり美化されているので実写はこんなんかと思います。

 

その中でも人気出るのは、役者選びや作品の特徴が関係してるのではないかと思います。

 

まず自分も好きなるろうに剣心ですが

佐藤健が演じました。剣心は美形な顔ですが佐藤健もすごい演技と整った顔で違和感はあまりなかったかと思います。

暗殺教室は殺せんせーがCGなのであまり違和感がありませんでした。

自分はカルマに少し違和感を覚えましたが・・・

 

この違和感をどれほど無くせるのかが重要なのかなと思います。

ではけっこう不評を聞いた黒執事や進撃はどうでしょうか。

黒執事は主役のセバスチャンが美形過ぎます。

水嶋ヒロが演じたのですが

顔だけなら彼でもそんな違和感はと思いますが、髪型がパーマのかかった全く違う髪型だったのです。

 

本作と髪型が全く違うことから生まれる違和感が

自分のまわりの人は不満だったのかもしれませんね

参考に画像をのせときますね

f:id:suupy:20161120235103j:plain

 

f:id:suupy:20161120235119p:plain

 

どうでしょうか

顔はどっちもかっこいいのに髪型が全く違いますよね。

少なくとも自分のまわりの人たちはその違和感が原因で不評を言いますね。

 

進撃の巨人はリヴァイ兵長が全くの別人でした。

違和感どころか別の作品になってしまいますね。

 

このように

いかに原作に近づけるのかが重要なのではないかと思います。

 

海外はどうでしょう

漫画やアニメを実写化といったらアベンジャーズシリーズやX-メンを思い浮かべますね。

 

ですがアメコミの画風は、日本と違いけっこうリアルに描かれていると思います。

なので原作に近づけるのはあまり難しくはないのでしょう。

 

これを踏まえて、ハガレンはどうでしょうか

山田涼介はエドのようなキャラになりきれるのでしょうか?

原作との違和感をどれほど無くせるのか

 

そこが見どころですね

世界観の再現はうまいと思うので

あとはキャラクターだと思います。

 

記事の更新や面白い動画など気に入った情報はツイッターで不定期に配信しているので
よかったらフォローしてくれるとありがたいです笑

スーピィ (@deneo20)さんをチェックしよう https://twitter.com/deneo20?s=09

 

楽しみですね!

では今日はここらへんで